軽く見ていると痛い目に?パパ活トラブルを回避するために知っておくこと

ドラマ化など、メディアで取り上げられることが多くなってきたパパ活。
パパ活に興味を持ち、実際にパパ活を始めてみる女性も多くなっています。
それと同時に、パパ活での詐欺やトラブルについての被害報告も増加しているのです。

トラブルや詐欺を回避するには、自分は大丈夫だと過信しないで、あらかじめ知識を身に着けておくことが大切です!

ここでは、パパ活でのトラブル例とそれを回避する方法をご紹介していこうと思います。

1.個人情報の流出

  • パパとの契約を解消をした際に「会社に電話する」「家に行く」と脅された
  • 「お互いの個人情報を知るために」といわれ身分証のコピーを交換したが、相手のはニセモノだった
  • 銀行口座を教えてしまった

信用できると確信したパパとお付き合いをしていくなかで、少しずつお互いの個人情報を交換していくのは何の問題もありません。
しかし、パパとのお付き合いが始まったばかり、実際に会う回数をある程度重ねないうちは、お互いの個人情報の交換は連絡手段としてLINEのIDくらいの必要最小限にして、パパとの信頼関係を深めていくことを最優先にしていきましょう。

そして、意外と気を配れないのが銀行口座。
銀行口座は、振込み人がカタカナで表示されるため、漢字までは分からなくても本名はバレてしまいます。
趣味や住んでいる地域など、今まで伝わった情報と合わせて検索すると、すぐにあなたの詳細な情報も手に入れられてしまいます。

個人情報の扱いには十分注意し、自分だけが個人情報を教えるなんてことのないように、名刺をもらっておくなど相手の情報も知っておきましょう。

 

2.不倫トラブル

  • 不倫にはあたらないはずなのに、パパの奥さんに訴えられた
  • 慰謝料を請求された
  • 相手のパパに騙された結果、逆に自分がお金を払うハメになった

パパ活は、男女間の肉体関係がないことが前提なので、法律上では”不貞行為”にはあたらず、不倫にはなりません。
ですが、「交際相手を既婚者と知っていた」場合(故意)、「交際相手が既婚者であることを注意すれば知ることができた」という場合は(過失)、パパの奥さんから慰謝料を請求される可能性があります。
相手の男性から独身であると言われてそれを信じたのであれば故意にはあたりませんが、過失の可能性があるとされます。

要するに、相手の奥さんがそれを知り不快に思うことは夫婦間の裏切り行為に該当し、慰謝料を支払う義務が発生すると理解しておいていいでしょう。

パパ活でパパを希望する男性の多くは40~50代の既婚男性でしょうから、十分に注意が必要ですね。
奥さんにパパとのお付き合いがバレないように、会うときは場所や時間に配慮するのはもちろんのこと、連絡を取るときなども十分に気を付けましょう。

 

3.エッチな関係の強要

  • 密室に連れ込まれ襲いかかられた
  • 不妊症だから大丈夫だと、避妊なしの行為を強要された
  • リベンジポルノで脅迫された

食事やデートのみの関係のパパの場合、カラオケやドライブ、個室での食事はやんわりとお断りしましょう。
エッチありの関係でも、初回は2人きりになる環境は避けることをオススメします。
一緒に食事やデートをしてみて、信頼できる人か判断してから、今後の付き合い方を決めたほうがいいです。

また、自称不妊症・無精子症の男性はかなりいますが、ほぼウソだと思って構いません。
なかには診断書を見せてくる男性もいますが、偽装されたニセモノの可能性が高いです。
そういう男性は、不特定多数の女性とNSでエッチしたいだけなんです。
性感染症などのリスクを考えて、そんな男性とは絶対にエッチしないようにしましょう。

パパにエッチ中に写真を撮りたいと言われることもあるかもしれません。
が!たとえそのパパがどんなに良い人であっても、絶対に撮影を許してはいけません!!
ネットに流出した画像は、永遠に残ってしまうのです。
(ネットの画像は永遠に消えない?「デジタルタトゥー」の恐怖)
リベンジポルノに繋がって、最終的に苦しんで後悔するのはあなたです。

どんな場合でも、しっかりと断る勇気を持つことが肝心です!

 

4.金銭トラブル・詐欺行為

  • クレジットカード詐欺に遭った
  • 「お金は後日手渡し」との約束で数回デートした後、音信不通になった
  • パパの会社の社員扱いにするのに必要だと、お金を要求された

定期パパとしての支援に、パパ活女子のクレジットカードが必要だといい、カードを受け取ったまま音信不通になるという詐欺行為が報告されています。
また、女性にクレジットカードで高額な買い物をさせ、その品物を持ち逃げする詐欺も起きています。
(パパ活というものを初めてして詐欺にあいました。-弁護士ドットコム)

「お金はまた次回会った時に」「終わった後に渡したい」と、前払いやその場でのお金の手渡しを拒否する男性には注意が必要です。
なるべくその場その場で渡してもらうようお願いするなど、事前にお金を受け取ってからデートをした方が安全です。

パパ活は全てが自己責任です。
会う前に口座番号を教えてしまうなどリスクのある行動はとらないように気をつけましょう。

5.身内にバレる

  • 親にバレた
  • 彼氏にバレた
  • 友達にバレた

実家住まいの場合、親からみて、いつもの娘と何も変わらないように振る舞うことが大切です。
帰りが遅い日が増えたり、外泊が増えたり、見慣れないブランド物を使い出すなど、急に娘の行動が変化が見られると、成人した娘だったとしても、心配になってしまう親が多いんです。
心配の気持ちから、娘のスマホをチェックする親もいるかもしれません…。
普通の振る舞いを意識しすぎて、逆に不自然にならないように注意しましょうね。

彼氏と同棲していないなら、会う頻度や返信の早さが普段と変わらなければ、パパ活がバレる可能性は低いです。
ですが、彼氏と会っている間は、LINEや出会い系アプリの通知をオフにしておきましょう。
また、いつもと違うシャンプーや石鹸の香りから、あなたを疑う気持ちが沸いてきたりもするものです。
パパと会ってエッチした日は彼氏に会わない、もし会うなら一度家に戻ってシャワーを浴びて着替えてから会うと良いでしょう。

友達バレについては、学校や会社の近く、友達も買い物に来る可能性の高い繁華街などでパパと会うのは避けましょう。
パパと一緒にいる所を目撃される可能性があります。
友達バレを避けるためには、パパと会う時は、普段の自分が行かない街、友達も行かない街を選びましょう。

トラブルを回避するために大切なことは…

パパ活では、様々なトラブルに巻き込まれる危険があります。
また、親や彼氏、友達がパパ活に嫌悪感を抱いている可能性はとても高いです。
それら数々のリスクがあるので、パパ活がハイリスク・ハイリターンなのは否定できません。
自分の身を守るのは最終的には自分なのですから、しっかりと知識を身につけて対策を考えておきましょう。

  1. 個人情報の扱いは十分に注意する
  2. 連絡方法や連絡する時間帯、実際に会う場所などに配慮する
  3. はっきり断れる強い意思を持つ
  4. クレジットカード、現金は相手に渡さない
  5. お金はなるべく先払い、手渡しでもらう
  6. デートする場所は普段自分が行かない場所にする

以上の6点に注意して、トラブルに巻き込まれないよう気をつけましょう。

そして、何よりも一番大切なのは、断れる勇気を持つこと!
はっきりとNO!と言える、しっかりとした意思もパパ活の成功には大切な要素です。

【パパ活大学 推奨】 お勧めのパパ活サイトBEST3

TwitterなどSNSの口コミ情報を元に調査を行い、高確率で良パパが見つかっているサイトを3つ厳選しました。 毎月安定して数十万円稼げるようになったという情報が続々入ってきてますので、是非みなさんも素敵なパパを見つけて下さい。 これから紹介する3つのパパ活サイトは全て無料です、お金は一切かかりません。