パパ活の入口!女子大生を中心に広がる「ギャラ飲み」とは

突然ですが、ギャラ飲みってどのようなものかご存知ですか?

芸能人のギャラ飲みの実態がメディアで告白されたり、ギャラ飲みのマッチングアプリもリリースされ、最近、女子大生を中心にこのギャラ飲みが広がりを見せているといいます。

実はこのギャラ飲みがきっかけで、良パパと出会えたパパ活女子が多いというのです。
「パパ活に興味あるけど、よく知らない男性と一対一で会うのは怖いな…」
と思っている人は、パパ活のひとつの手段としてギャラ飲みに参加してみるといいそうです。

ギャラ飲みとはどういうものなのか、パパ活との違いは何か、なぜパパ活の入口になるのかまとめてみました!

ギャラ飲みとは

ギャラ飲み(ぎゃら-のみ)
参加するだけで、ギャラが貰える飲み会のこと。
女性側が男性側に飲み代をおごってもらうだけではなく、プラスいくらかのギャラが貰える。

実はこのギャラ飲み…女子大生を中心に、パパ活の次に流行すると言われています。
そして、「パパ活の入口」とも言われています。

 

「ギャラ飲みはパパ活の入口」といわれるワケ

参加者は恋人を求めていない

ギャラ飲みに参加する男性は、女性とお酒の席を楽しみたいだけで、純粋な出会いを求めて参加しているわけではありません。
支払われるギャラも「飲み会を盛り上げてくれてありがとう」というぐらいのもので、女性には楽しく飲める相手以上のことは期待していないのです。

「男性が楽しく過ごした対価として、女性に金銭を支払う」というだけの男性陣と女性陣の関係が、パパ活に非常に良く似ています。

お付き合いが継続すると、ご飯パパ(食事パパ)に発展する

ギャラ飲みで「またこの子と飲みたいな」と気に入られれば、連絡先を交換して後日2人で会ったり、お付き合いが継続した場合、交渉次第ではご飯パパ(食事パパ)になってくれる男性が多いんですよ。
しかも、ギャラ飲み参加者は成功したビジネスマンが多いので、良パパや太パパになる可能性が非常に高いんです。

サイトを利用したやり取りをはぶいた状態、実際に会ってその人の性格や容姿が分かった上で、パパ活契約できますね。

 

ギャラ飲みとパパ活の違い

パパ活女子のみなさんは「ご飯パパ(食事パパ)」と一緒だと思いませんか?
そうなんです、ギャラ飲みとパパ活でははっきりとした違いはありません。
ギャラ飲みもパパ活の一種だと思ってもいいくらいです。

ですが、ちょっとした違いもあるのです。

参加人数

パパ活は1対1で顔合わせが基本ですが、ギャラ飲みはパーティー形式など、男性も女性も複数人参加するものが多いです。

継続性のないお付き合い

あくまでもその場を楽しむための会なので、一部の例外を除いては、その場限りのお付き合いです。
一部の例外とは、上の項目で紹介した「お付き合いが継続した場合」のことです。

単価が低い

ギャラ飲みで支払われるギャラは、パパ活の支援に比べて低額です。
タクシー代を差し引いて、ちょっとしたお小遣い程度、少しプラスになれば良いほうです。
タクシー代を浮かせるため、男性陣と別れた後、電車や地下鉄の始発までマンガ喫茶などで時間をつぶす女性も多いそうです。

女性同士の交流もできる

パパ活ではできない同性同士の交流ができる、これはギャラ飲み最大のメリットのひとつです。
パパ活とは違い、男性側も女性側も複数人参加することが多いので、男性とだけではなく女性とも交流できます。
様々な職業で活躍する女性との交流は、普段では築けない人脈ができたり、話を聞くことで大きな刺激を受けたり、パパ活では得られないものも多く手に入れられます。

 

ギャラ飲みの特徴

ギャラは固定制と歩合制

固定制

あらかじめ決められた金額を受け取れます。
相場はだいたい1万円

歩合制

当日の盛り上げ方によって金額が変動します。
話術に自信があり周囲に気を配れないと、高収入は難しいでしょう。

複数人参加型が多い

合コンのように、男女共に複数人で参加する形態が多いです。

参加男性陣は成功したビジネスマン

社長や経営者、大企業の役員など、日本経済を支えるような仕事をしている男性が多く参加しています。
年齢層は30代~40代後半が中心です。
ライトにお酒を楽しみたいからか、パパ活のパパより少し年齢層が低いです。

参加女性陣の職業の幅広さ

普通の女子大生やOLはもちろんのこと、芸能関係者や客室乗務員など華やかな職業など、年齢層も職業も様々で個性豊かな女性が集まります。

ギャラ飲みの参加方法

  • twitterやFacebookなどのSNS
  • パパ活サイト(サクラがいない、少なめなサイトがオススメ)
  • ギャラ飲み専用アプリやサービス(PatoLION など)

出会い系サイトをオススメしないのには理由があります。
最近、出会い系ではパパ活に対する規制が厳しくなってきました。
ギャラ飲みはパパ活に似た側面があり、純粋な出会いを提供することを前提に運営されている出会い系にはそぐわないためです。
利用するなら、シュガーダディなど、パパ活サイトと銘打っているサービスの利用をオススメします。

 

ギャラ飲みのルール

基本、パパ活と一緒です。

時間厳守!

最低でも、開始5分前にはお店に到着しましょう。

きちんと会話をしよう

男性陣ときちんと会話ができる程度の最低限のコミュニケーション力と、相手への思いやりが求められます。

空気を読むこと

男性陣にその場を楽しんでもらわなくちゃいけないので、KYな行動や発言は絶対にいけません。

彼氏や恋の相手を求めてはいけない

合コンではないので、男性も女性も純粋な出会いを求めていません。
年齢層は30~40代が中心で、既婚の男性が多く参加します。
あくまでも男女で楽しくお酒を楽しむ会なので、それをお忘れなく…。

お酒が飲めること

お酒を楽しむ席なので、お酒は得意であったほうがいいです。
特にシャンパンが得意な子は男性陣にウケがいいのだそうです。

お酒が飲めなくてもギャラ飲みに参加できますが、お酒が苦手なことは前もって宣言しておきましょう。
あらかじめ言っておけば、男性陣もちゃんとした大人なので、無理やり飲まされることもないでしょう。

ギャラ飲みの注意点

飲みすぎ注意!

パパ活でも同じなのですが、自分ばかり盛り上がってしまい、お酒を飲みすぎてはいけません。
女性は男性に楽しんでもらうことが大前提で、“素人風のキャバ嬢”でいなければいけないのです。
お酒が好きでも、きちんとセーブして飲みましょう。

パパ活でもギャラ飲みでも、年上の男性が集まる場所では、女性らしくしていたほうが男性に可愛がってもらえますよ。

ギャラのトラブルに注意!

前の項目でご説明しましたが、ギャラの相場は1万円です。
ですが、支払われるギャラがいくらになるのかは、その時その場にならないと決まりません。

若い人が主催や幹事を務めていて、接待で開かれてたギャラ飲みは注意が必要です。

若い人で、飲食代の他に女性参加者×1万円支払える力がある人なんて、滅多にいるもんじゃありません。
飲食代がういたのはいいけど、タクシー代を支払ったら赤字に…という可能性も高いので注意しましょう!

 

パパ活の入口!女子大生を中心に広がる「ギャラ飲み」とは…

パパ活の入口といわれるギャラ飲みですが、パパ活ほど単価が高いわけではありません。
ですが、パパ活とは違って1対1でのお付き合いではないため、危険性が低く、女性同士の人脈が広がるため、女子大生を中心に注目度が高まっています。

ギャラ飲みの参加方法は、SNSを利用する、パパ活専用アプリ、ギャラ飲み専用アプリを利用するのが主です。

飲み会の幹事が若い人だった場合、ギャラの支払いでトラブルになることもあるので、注意しましょう。

ギャラ飲みでの出会いは、基本的に単発のその場限りのものですが、男性に気に入られるとパパ活に発展する場合もあります。
参加者の多くはビジネスに成功している男性で、しかも紳士的な人が多いので、良パパがゲットできる確率が高いんです。
これが、「ギャラ飲みはパパ活の入口」といわれる最大の理由です。

「パパ活に興味あるけど、よく知らない男性と一対一で会うのは怖いな…」
と思っている人は、パパ活のひとつの手段として、ギャラ飲みに参加してみましょう。

パパが見つかる確立ほぼ100% お勧めのパパ活サイトBEST3

TwitterなどSNSの口コミ情報を元に調査を行い、ほぼ100%の確立でパパが見つかっているサイトを3つ厳選しました。 毎月安定して数十万円稼げるようになったという情報が続々入ってきてますので、是非みなさんも素敵なパパを見つけて下さい。 これから紹介する3つのパパ活サイトは全て無料です、お金は一切かかりません。